電子書籍用語集あ行|岡山県岡山市の印刷会社株式会社内外プロセス

電子書籍用語集

HOME > 業務案内 > 電子書籍制作 > 電子書籍用語集あ行

あ行

IDPF(アイ・ディー・ピー・エフ)
米国の電子書籍標準化団体であるInternational Digital Publishing Forumの略称。
電子書籍の事実上の国際標準フォーマットであるEPUBの策定も行っている。
【URL】http://www.idpf.org/
iPad(アイパッド)
Apple社が開発、販売しているタブレット型コンピューター。9.7インチ(1024×768ピクセル、解像度132ppi)の液晶画面を持ち、マルチタッチでの操作が可能。EPUBやPDFなどの電子書籍リーダーとしても利用できる。日本国内ではソフトバンクがキャリアとして取り扱っている。
【URL】http://www.apple.com/jp/ipad/
iPhone(アイフォン)
Apple社製のスマートフォン。iPhone 4は3.5インチ(960×640ピクセル 解像度326ppi)の液晶画面を持ち、マルチタッチでの操作が可能。電子書籍リーダーとしても利用できる。日本国内ではソフトバンクがキャリアとして取り扱っている。
【URL】http://www.apple.com/jp/iphone/
iBooks(アイブックス)
iBooksはiPadやiPhoneなどのiOS端末で利用できる電子書籍閲覧アプリ。App Storeから無料でダウンロードできる。対応ファイルフォーマットはEPUBとPDF。アプリ内には電子書籍を販売するiBookstoreがある。
iBookstore(アイブックストア)
iBookstoreはiPadやiPhoneで利用できるiBooksアプリからアクセスできる電子書籍ダウンロードサービス。著作権保護機能(DRM)付きのEPUB形式の電子書籍を購入または無料ダウンロードできる。
日本では2010年5月28日よりサービス開始しているが、現時点では日本語の有料書籍の販売は開始されていない。
App Store(アップストア)
Appleが運営する、iPad・iPhone・iPod touchなどiOS端末向けのアプリケーションのダウンロードサービス。
Apple(アップル)
アメリカ合衆国カリフォルニア州クパティーノに本社を置く、デジタル家電製品および関連するソフトウェア製品を製造販売する多国籍企業。
ハードウェア製品として、パーソナルコンピューターのMacintosh(Mac)シリーズ、携帯音楽プレーヤーのiPodシリーズ、スマートフォンのiPhone、タブレット型情報端末のiPadなどがあり、ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムのMac OS Xや、統合ソフトウェアのiLifeなどがある。
【URL】http://www.apple.com/jp/
Adobe(アドビ)
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ市に本社を置くコンピューター・ソフトウェア会社。日本法人はアドビシステムズ株式会社。グラフィック・マルチメディア関連ソフトウェアに強く、多くのプロフェッショナル向け製品を有している。
製品としては、PDFやPhotoshop、Illustrator、Flash、InDesign、Dreamweaver、Fireworks、Captivateなどがある。
【URL】http://www.adobe.com/jp/
Adobe Digital Editions(アドビ・デジタル・エディションズ)
Adobeが提供している無料のEPUBリーダーソフト。Windows及びMac版がある。書棚にEPUBファイルをドラッグアンドドロップして閲覧することができる。
【URL】http://www.adobe.com/jp/products/digitaleditions/
Amazon(アマゾン)
アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える通信販売(ECショップ)サイト。書籍以外にも、CD・DVDや電化製品、日用品など様々な商品を扱っている。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。
電子ブックリーダーのキンドル(Kindle)の製造販売、および電子書籍の販売も行っている。
【URL】http://www.amazon.co.jp/
Andorid(アンドロイド)
Googleが開発した携帯電話・スマートフォン・タブレット端末向けのオペレーティング・システム(OS)。オープンソースで無償で利用できるため、多くのメーカーから採用する端末が多数発売されている。
【URL】http://www.android.com/
青空文庫(あおぞらぶんこ)
青空文庫は、ボランティアの手により、日本国内において著作権が消滅した文学作品を電子書籍化して公開しているインターネット上の電子図書館。
日本語の縦組みやルビ振りに対応した、独自の青空文庫形式の策定も行っている。
【URL】http://www.aozora.gr.jp/
アプリ
アプリケーション(ソフトウェア)の略。
雑誌などの書籍をiPhoneアプリやiPadアプリとして電子書籍化することも行われている。電子書籍アプリの特長としては、動画の埋め込みやアニメーション、音声などのリッチメディアの取り扱いができること、インタラクティブな仕掛けが使えることが挙げられ、電子雑誌や電子写真集に適している。

ebook(イーブック)
ebook(e-book、イーブック、電子書籍)は目的や利用される用途に合わせて様々な呼び方で表現されているが、一般的には、パソコンや電子書籍リーダー、携帯端末機器の画面上で読むことができるデジタル媒体を言う。
eBook Japan(イーブック・ジャパン)
コミックでは世界最大規模のダウンロードサイト。EbiBookReaderという専用リーダーを使って購読する。
【URL】http://www.ebookjapan.jp/ebj/
eCub(イーカブ)
プレーンテキストまたはHTML/XHTMLファイルをもとに、EPUB形式の電子書籍を作成できるフリーのオーサリングソフトウェア。
EPUB(イーパブ)
EPUBとは米国の電子書籍標準化団体であるInternational Digital Publishing Forum(IDPF)が普及促進する、仕様が公開されたオープンな電子書籍ファイルフォーマット。電子書籍の事実上の国際標準規格。
ウェブサイトで使われるXHTMLのサブセットとなっており、基本的には通常のWEBページ(HTML)と同じように制作できる。そのオープン性と単純さから、対応する電子ブックリーダーや作成アプリケーションが数多くある。
2011年5月には日本語の組版に対応したEPUB 3.0が策定された。
【URL】http://idpf.org/epub/
EPUB 3.0
EPUB 2.0では日本語の縦組みや右から左へのページ送り、ルビ、圏点、細かい禁則処理などに未対応であったが、EPUB 3.0では、W3Cで策定中であるHTML5、CSS3を基にして、こうした日本語組版に対する拡張に対応した。また、雑誌やマンガなどに適した固定レイアウトの仕様策定も進めらている。今後の日本国内での電子書籍標準フォーマットとして普及が期待されている。
【URL】http://idpf.org/epub/30
ePubs.jp
「みんなで作るEPUBファイル投稿・共有サイト」をスローガンに、DRM保護されていないEPUBファイルを自由に公開できるサイト。簡単なソーシャル・ネットワーク機能もあり、気に入ったユーザーを友達登録したり、メッセージを送ることができる。
【URL】http://EPUBs.jp/

ウェブの書斎
大日本印刷が運営する電子書籍、オンデマンド本の販売サイト。

AZW(エー・ゼット・ダブル)
Amazonの電子ブックリーダー「Kindle(キンドル)」用の電子書籍ファイルフォーマット。Amazonでは、EPUB形式から変換するフリーツールも公開されている。
XMDF(エックス・エム・ディー・エフ)
シャープが開発した電子書籍ファイルフォーマット。大手出版社21社が参加する日本電子書籍出版社協会運営の「電子文庫パブリ」などで利用されている。専用リーダーソフトとして「ブンコビューア」がZaurus、PalmOS、PocketPC、HandheldPC、Windows用に無料で公開されている。
MCBook(エムシーブック)
モリサワが開発販売している、iPadやiPhoneなどのiOS用、Android OS端末用の電子書籍アプリを制作できるソフトウェア。縦組みやルビなど日本語組版に対応。

OPDS(オー・ピー・ディー・エス)
【Open Publication Distribution System】の略称。電子書籍を配布したり探したりするときに便利なように、書籍のタイトル名や著者名やカテゴリなどを決まった形式で表現するためのフォーマット。ウェブサイトにおけるRSSフィードと同様の役割を持つ。
【URL】http://opds-spec.org/specs/opds-catalog-0-9-20100525/
オーディオブック
オーディオブックは、朗読等によって主に書籍を音声化した録音物の総称。媒体によってカセットブック、カセット文庫、CDブックなどと呼ばれる。近年は、ネット上でサウンドファイルでのダウンロード販売が拡大してきている。
OnDeck(オンデッキ)
インプレスが発行している、電子出版がテーマの電子出版ビジネスに関わる業界人をターゲットとした電子雑誌。有償版の他、アンケートへの回答を条件としてWeekly版も発行している。ファイルフォーマットはEPUB、Kindle用のMOBI、PDFが用意されている。また、Amazonにおいてプリントオンデマンドで紙書籍版の販売も行っている。
【URL】http://on-deck.jp/

|あ行|か行さ行た行な行は行ま行や行 ら行 わ行

お問い合わせはこちら
電子書籍トップへ

株式会社内外プロセス

本社:〒701-0221 岡山県岡山市南区藤田566-183
TEL 086-296-5805

東京支社:〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-8
グランバレー三崎町 1階
TEL 03-3238-6211


Copyright © NAIGAI Process Co., Ltd. All Rights Reserved.